12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
| スポンサー広告 |
2008-05-05 (Mon)
思えば、我が家のGWは毎年熊本帰省だった・・・

去年のGW飛行機画像  去年のGW阿蘇山画像

だからこっちのGW渋滞情報を全く知らなかった・・・




小学生6年生の頃、井上さんっていう友達と交換日記形式で小説を書いていたことがある。
それがものすごく話がうまくできていて、中学生になるとワープロ打ちして保存版にした思い出がある。

トイレへ行きたいのになかなかトイレが見つからないという話で
いつの間にかタイムスリップまでしてトイレを探しにいくお話で
最後は無事トイレが見つかるというストーリーだ。
そのタイトルが いのちゃん、きくちゃん、トイレへ急ぐ だったことは今でもよぉ~く覚えている。



昨日の話。
GWも休出続きのパパがようやく一日休みになるというので、
思い切って幕張メッセで行われているペット博へ行く事にした。
GWの車事情を知らない私達は、5月4日は中日(なかび)だし車も混んでないと思ったからだ。
朝出るのも8時と遅くなってしまったが、まぁ~大丈夫でしょう中日(なかび)だしと高をくくっていた。

ところがどっこい、
いつもならブイーンと通過できるベイブリッジが、いつまで経っても通過できない状態
幕張はまだまだ先
本気で引き返そうかと思ったくらい動かなかった。

うちの家族はみんなトイレが近い方ではないし、極力飲み物を飲まないようにするので
遠出するときも結構ノンストップで目的地に行く事が多い。

この日もその予定だった。
ところが・・・

前の日の夕食を手巻き寿司をしたら喉が渇いてしまい、
朝、お水をがぶがぶ飲んでしまった私は、心なしかちょっとトイレ行きたいかも?状態に。
でもまだまだ我慢できる感じだったので運転手のパパにも言わなかった。

そしたらぁ~行けども行けども渋滞で、
しかもパーキングもトイレも見当たらない~

時間にしてもうすぐ正午。
8時に出たからすでに4時間経っていた。

ずーっと我慢していたが、もうすぐ高速降りるみたいだしそれだったらコンビニとかあるでしょっと一人ホッとしていた・・・がっ、高速を降りてもコンビニすら見当たらない
見当たらないどころかまだまだ渋滞が続いていた。

正直、もう草むら行きかと思ったけど、
子供の手前、そんなことできるわけもなくそんな影になる場所もなく


ナビをじっと見つめていると、もうすぐ幕張メッセと出ていたたのでそれなら我慢できると思った。

でも・・・現実むなしく今度は幕張メッセ駐車場待ち渋滞が待ち受けていた

No-------

このままパパは駐車場待ちの長蛇の列に並ぼうとしたので
「ごめんっ、どーしてもトイレに行きたい」とようやく告げた私。
ついつい、自分のことは我慢してしまう人です、はいっ

どこでもいいからどっかありそうなところで停めてっと血相変えて告げたものの、混みあっていたり車線の関係でなかなか停まることが出来なかった。
暫く走ってよくわからない道で降ろされることに。

どうにかメッセの方に走れば公衆トイレの一つや二つあるだろうと思い
一人走り出そうとすると、私につられたか娘までトイレに行きたいと言い出した

うぅ・・・
もう、娘も草むらでしーっって年でもないので連れて走ることになってしまった

ところが走れど走れどトイレは見つからないっ
人が行きかう通路を颯爽と走り抜けるもトイレらしきものが全くないのだ。

ついにはメッセのペット博会場の前までたどり着くがトイレがなかった

トイレに行きたくて行きたくてしょうがないのを娘に例え、(娘はそうでもなかったのだが)
恥ずかしげもなく交通整理のおまわりさんに「トイレ探してるんですけどどこにありますかぁ?」と聞いた。
でもおまわりさんの口からは出た言葉は「この辺にはぁ~公衆トイレはないですねぇ~」だった
メッセに入ってしまった方が早いと言われ、信号を走りぬけメッセペット博の会場へ走った。
娘はこの時点で汗だくだったが私も正直もうだめなくらい我慢の限界だったので必死で走り続けていた。
そして、メッセの中にようやくトイレを発見

「あったよぉ~Cちゃん」っと言ったそばから長蛇の列発見

チケットを買う列かと思ったその長蛇の列は、トイレを待つ列だった

だめっ、このままじゃ軽く30分は待つ

もう違うトイレを探すしかないとメッセから出て近くのビルに駆け込むことに
トイレトイレトイレと走り、ようやくビルの中にトイレ発見

するとここはそれなりの列

4人くらい並んでいたものの、これなら大丈夫と娘と二人並んだ。

ここで大人気ない私は娘に「ごめん、ママを先に入らせて」と断りをいれた。


ようやく解き放たれた狭い空間に一人落ち着くと
ふと前にふれた小学生の頃に書いた交換小説を思い出していた。


今で言うところの ママちゃん、Cちゃん、トイレに急ぐだったなっと。








蓄膿症なだけに、こんちくしょう~だった先日に続き、

今回は序章なだけに・・・・・ジョ・・・・・・は、やめておこう


結局、何が言いたいかと申しますと、渋滞時のトイレの我慢は命取りだってこと。
ここまでトイレを愛おしく思ったのはこの日が初めてでした



web拍手
| おでかけ | COM(8) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。