12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
| スポンサー広告 |
2010-03-22 (Mon)
ある日突然決まった法律。

今ご家庭にいる犬は今日から役所がすべて管理します。
有無を言わず、ここにハンコを押して犬を置いて帰って下さい。

そう言われるがままに、私は長蛇の列に並んでいた…


これは私が昨日見た夢のお話…





なんで?どうして??
怒りと戸惑いの気持ちが交差する中、とうとう、私とcandyの番になった。

役所の方は言った。

『こちらにハンコを押して、その子を明け渡して下さい』と。

役所が決めたことなので、逆らえない私は、
candyを役所の人に渡してしまう。

candyは私の方をみつめ、悲しそうな顔をしていた。
私ももうcandyの顔が見れなかった。

後ろを向いて立ち去ろうとすると、candyの鳴き声が聞こえた。
私は涙を流しながら、その場をあとにした。

でもその後、心配になった。
candyは他のワンコと一緒の部屋にしたらケンカしてしまう
せめて個室にしてとお願いしに行こうと役所に戻った。 (そこぉ~????爆)


すると、急に場面は変わり、candyが管理されている部屋が
緑の草原の中にあった。
そこには見回りみたいな人がいなかった。
そこで私は鍵を壊してcandyを連れて逃げた。

途中、追手に気づかれ、捕まりそうになったが、
やっぱり一緒に暮らしたかったので、どこまでも逃げた。

私はcandyと一緒に走って逃げた。



っとそこで目が覚めた。

私は汗びっしょりだった

朝起きたら意外と覚えていたので、書きとめてみたなんてことない夢の話…。
ポチっとして頂くような話でもないので、今日は控えます(笑)
web拍手
| 雑談 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。