12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
| スポンサー広告 |
2010-03-19 (Fri)
6年前、小さな体で大きなランドセルを背負いワクワクしながら小学校へ入学したお兄が、
今日…心も体も立派になって、小学校を卒業した。

CIMG4384.jpg IMG_1283.jpg

これは、母としての記録。


ここ何日か、ラジオを聴いていると、卒業ソングが頻繁に流れていて、
あぁ~もうすぐ卒業か…なんて思っていたが、
あっという間に今日この日がやって来てしまった。

今日は、卒業式でも歌っていたこの曲を聞きながら綴りたいと思います。




小学校は6年間あるし、卒業なんてまだ先の先だなんて思っていたけれど、
あっという間にこの日はやってきました。
制服を着て歩いてくるみんなの姿を見ただけで目がしらが熱くなりました。

3_20100319175956.jpg

いつの間にか大きくなって…
制服を注文しに行った時は、まだまだ制服は大きく、着られていた感たっぷりだったはずなのに、
なんだか今日はしっくり着こなしている彼がいました。

5_20100319175337.jpg

卒業証書授与。

緊張感たっぷりの舞台の上。
名前を呼ばれると、中学に行って頑張ることを、真っすぐ前を見据え、大きな声で発言していました。

7_20100319175337.jpg

卒業証書を貰ったら、ちょっとホッとしたかな。

8_20100319175335.jpg

卒業証書授与が終わると、在校生代表の5年生と向かい合い、
言葉のかけあい、そして歌へと続きます。
ここでグッときてしまい、後は涙涙でございました。

とても、とてもいい卒業式でした。

10_20100319175334.jpg

5・6年でお世話になった担任の先生。

1年~4年までは、ほんとに目立たない子で、可もなく不可もなく…
でも、この先生に出会ってからお兄は少しずつ変わっていきました。

先生はいつも彼を励まして下さいました。

『きみには力がある』
『すごくいいものを持っている』
『もっと前に出なさい』

そして、自分からは絶対にやらなかったであろう”経験”を与えてくれました。

委員会の委員長。
そして運動会の応援団。

本人は全くやる気もなく、いつも家ではヤダヤダ面倒くさいってそればかり言っていたけれど、
その経験は、確実に力になっており、それを目の当たりにした最後の授業参観では
驚いてしまったほど。
先生にあんなにしっかりと発言出来て驚きましたと伝えると、
『えー?そうですかぁ?いつも彼はあーですよ』っとさらっと答えてくれた。
その返事になんだかびっくりした。


そういえば、5年生の時、水泳の授業で、
寒冷蕁麻疹が全身に出てしまう体質になってしまい、気持ち悪がられたりしないか心配で心配で仕方なかった私。
でもそんなこと言われないという。
なので面談の時に、『みんないい子ばかりなんですねぇ』って先生に伝えたら、
『それはお兄がそうゆうことを言わないコだからですよ』っと言われ、
ハッと我に返ったことを思い出した。

結局、私の中の彼は、
可もなく不可もない4年生までの彼のままだったのです。

でも、私の知らない所で、ちゃんと彼は成長していたのでした。

ごめん、気付かなかったよ。
いつも心配ばかりしていたけど、
ちゃんと心も体も大きくなって立派になってたんだね。



最後の教室で、担任の先生からみんなに向けて言葉を頂いた。


やる気という木に、
根性という根をはやし、
なにくそという肥やしをまいて
生きていこう。



とっても力強いはなむけの言葉だと思う。
そして先生は最後の最後まで言ってくださいました。

もっと、彼を前に出したかったと。
見てればわかるんです、とてもいいものを持っているんですと。
生徒会長なんかもできる器ですよと。

先生、ありがとう。そんな風に思っていてくれて、胸がいっぱいです。
これからは私が彼のそうゆう所を引き出していけたらと思います。

IMG_1263_20100319175621.jpg

そして、もう一人、特別な先生がいました。
この先生は私が小学校1年生の時の担任の先生です。
学校はもちろん違いますが、めぐりめぐってこの小学校で再会したって言う話は
ずっと前に一度したことがありましたね。

その先生が、今年になってから、この学年の社会を教えることになり、
なんと、親子二代にわたって先生に教わることができたのです。
私の担任だった先生に、お兄が教わる。
なんて不思議な縁でしょう。

大人しいコだねってお兄の事言ってました。
私も大人しかったでしょ?って言ったら『なぁ~に言ってんだ』って笑ってました。
そして、『親子二代教えたのはこれが最初で最後かな』って。

先生、一緒に写真撮れて感激でした。ありがとうございました。

12_20100319175459.jpg

そして、忘れちゃいけないお友達。
お兄が付き合うお友達はみんないい子ばかりで、安心できました。
お兄と同じく”長男”って子が多いせいか、お兄に似た子ばかりでした(笑)
でも児童会の役員なんかをこなしてしまう、やる時はやるしっかりした子。
そうゆうお友達がいたことは、彼にとってもいい刺激になったと思います。

お友達、ありがとう。そしてこれからも宜しくね。

99.jpg

親として、何をしたかというと、これといって何もしなかった6年間。
ただ、心配して…そして大丈夫!って励まし続けただけの6年間だったかな。
男の子はいざこざもなく、比較的楽だった気がします。

男の子は高学年につれ、話をしなくなるっていうけれど、
お兄は変わらずいつも色んな話をしてくれました。
そんな彼ももうすぐ私の背を追い越していくでしょう。
もうすぐ、思春期、反抗期もやってくるでしょう。

うけてたつよ!(笑)

11_20100319175621.jpg

あ、そうそう、今日はお留守番一杯してくれたcandyちゃんからも
おめでとう言わなきゃね。
外では低い声でクールにふるまっている彼も、
一歩家に入ると『きゃんちぃ~♪ただいまぁ~』って声のトーンがあがります。
この姿を見ていつも私は、『今日も変わったことなし!』っとホっとするのです。

14_20100319175458.jpg 

最後に親友君とは、1歳になる前からの付き合いになります。
本当に兄弟のように、いや兄弟以上に仲が良く、ここまで変わらずつきあってこれたことも
大変嬉しく思います。
これからも、宜しくね。

まだまだこれからもずっとずっと親友でいてやってね。

 13_20100319175458.jpg

卒業おめでとう。

これからの未来に楽しいこと以上に、辛いこと悲しいことが沢山あると思う。
でも君には友達がいる、パパもいる、ママもいる、candyもいるね(笑)
みんな君の味方だから、これからも真っすぐに育ってほしいと思います。

もっともっと伝えたいことはあるのだけど…

今日は、パパは午後から仕事に行き、帰りは遅くなるとのこと。
Cちゃんもお友達家族とお出かけして帰りが遅くなるとのこと。
なのでお兄と二人、これから卒業祝いで食事でもしに行く予定なので
伝えたいことはその時にでも直接…(笑)

長い記事にもかかわらず、ただの親ばか日記にも関わらず
読んで下さってありがとうございました。

candyの大好きなお兄に免じてエールを頂けたら幸いです
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村

web拍手
| こどものことも |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。